損害保険の種類

損害保険は、大きく分けて、自動車保険や火災保険などの「ノンマリン分野」と、貨物保険や船舶保険などの「マリン分野」とがあります。


「ノンマリン分野」


○自動車保険(強制、任意)

自動車保険は、事故が起きた時の被害者の救済と、加害者の金銭的負担を援助するための保険です。被害者の車の修理費や医療費だけでなく、財物に損害を与えた場合も含めると、加害者が賠償する金額は相当な額になります。自動車保険には、加入が義務づけられ強制保険といわれる「自賠責保険」と任意保険といわれる「自動車保険」の二つの種類に分けられます。

○火災保険、地震保険

火災保険は、火災やその他災害などによって、建物や家財などに損害を生じた際に補償をすることを目的とした保険です。対象とする建物の物件によって「住宅物件」「一般物件」「工場物件」「倉庫物件」に分類され、それぞれに対応する火災保険の種類があり、補償の範囲や補償内容は、各種類によって違っています。
一方、地震保険は、火災保険では補償されない、地震・津波など、地震が原因で建物や家財などに損害を生じた際に補償をすることを目的とした地震専用の保険です。地震保険の保険金額は、原則、火災保険の半分までしか契約できません。対象となるのは、居住用の建物と家財で、事業用の建物などは対象になりません。

○傷害保険(家族、交通、旅行…)

傷害保険は、国内外を問わず家庭内や職場内、通勤途中や旅行中など、交通事故をはじめとした様々な原因のケガで入院や通院、命を失ったりというリスクに備えるための保険です。

○新種保険(盗難保険、医療費用、介護費用…)

○賠償責任保険(個人、法人)


「マリン分野」


○海上保険(運送、貨物、船舶)

海上保険は、貨物保険と船舶保険を併せた概念であり、主に海上危険による損害を担保する保険です。

今すぐ専門家を探す

保険相談に強い専門家をPICK UP!!

保険相談に強い専門家を「ほけんポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

はじめての顧問税理士 QRコード