保険相談Q&A

Q1.保険料はどうやって決められていますか?

A1.生命保険の保険料は、予定利率・予定死亡率・予定事業費率の、3つの予定率から算出されているため、若いほど保険料は安くなり、男性よりも寿命が長い女性のほうが保険料が若干安く(定期保険の場合)なります。

Q2.生命保険が失効したらどうなりますか?

A2.生命保険が失効してしまっても、保険会社規定の一定期間内であれば、元の契約に戻すことができます。また保険契約者にその意思がなければ、解約し解約返戻金(解約払い戻し金)を請求することもできます。

Q3.生命保険は何歳まで契約することができますか?

A3.健康の状態に問題がない限り、一般的に70歳までならほとんどの保険が契約できます。

Q4.健康状態に問題があると生命保険に加入できませんか?

A4.現在の健康状態や既往症などの程度によっては、加入できない場合があります。

Q5.保障内容を変更したいときはどうしたらいいですか?

A5.生命保険は契約期間が長期に及ぶため、途中で家族構成の変化や経済的事情などにより、保障内容の見直しが必要になることがあります。

Q6.自動車保険を他社で加入していますが、保険会社を変えた場合等級はどうなりますか?

A6.20等級を限度として他社で適用されていた等級は、引き継がれます。

Q7.【地震保険】火災や津波などで保険証券を失った場合どうすればいいですか?

A7.保険証券がなくても本人確認ができれば問題ありません。

Q8.【地震保険】保険料を払い続けることができないんですがどうしたらいいですか?

A8.災害救助法適用地域の方であれば、申し出により支払いを最長6ヶ月猶予できます。

今すぐ専門家を探す

保険相談に強い専門家をPICK UP!!

保険相談に強い専門家を「ほけんポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

はじめての顧問税理士 QRコード